ストレージリソースマネジメント(SRM)

SRM(Storage Resource Management) Service

マルチベンダーストレージ統合管理ソリューション

企業内IT部署内で違うプラットフォームや기分散されたOS環境に使用されているストレージに対する容量情報とインフラ間の構成情報、ストレージ性能情報を収集し管理者が直観的に把握を可能なストレージリソースマネジメントソリューション

メリット

SRM Architecture

  • High-Endから Mid-Range までの EMC, Hitachi, IBM, HP, NetApp, など様々なベンダーのストレージをサポートし統合管理が可能。

  • 務サーバにAgentを設置してストレージ観点のみならずそのストレージを使用している業務用のサーバ側にも情報を集計し、Physical容量、 Usable 容量、実際利用量、割当量、共有サーバリストなどを詳細なデータを提供する優れた機能を保有。

  • サーバを除外した際に回収可能なLDEV情報を提供。

  • 格ストレージ内部複製、外部複製、遠隔複製の相関関係チャートおよび構成図の形で提供。

  • 業務サーバにAgentの設置を要求されますが、ほとんど負荷を与えない。

  • Agentを設置時サーバOSに事前パッチを要求してない。

 

重要機能

SRMの特徴

  • ウェブ方式運用していますので、グループウェアー内にリンクを付け込み可能、ストレージ管理者のみならず、他関連部署にも閲覧可能

  • 情報をFiltering,Sorting,Searching機能を通じて要求されるデータのみ抽出可能。

  • ストレージを単位をTB、GB、MBで自由自在変更可能。

SRM管理画面例示

© 2015 Streamline Co. Ltd. Copyright Reserved

tel. 03-6661-2669,fax. 03-3660-5870